2019.08.15

ベーシックケアとは?

外側のみの基本的な色修復としてベーシックケアは外観(外側)を気にされるお客様に一番人気のメニューですが、

ベーシックケア(外側全体色修復)とはどんな事をするのかご紹介します。

 

①表面クレンジング

まずは専用クレンジング剤や薬剤などで汚れを丁寧に除去します。
しっかりとクレンジングすることで、革の染色ムラなどを防ぎます。

 

②傷・擦れ補修

傷や擦れなどがある場合、そのまま補色を行ってしまうと仕上がりが不完全になってしまいます。 そのため、革面をできる限り丁寧に整え、傷や擦れを極力目立たなくさせます。(革の性質上、深い傷・シワ・ヘコミは元に戻りません)

 

③色修復

染色・補色工程ですが、まずは染料や顔料を調合し、元の色と遜色ない色をベースに、濃淡2~3種類作っていきます。
元色を一気に塗ってしまうと、全体が斑になったりするため、前段階として濃淡を調整しある程度均一な色にするベース補色を行います。ベース補色後はいきなり全体に塗料を塗るのではなく、顔料や染料の浸透具合を確認しながら薄塗りを繰り返して仕上げていきます。


また、当店ではエルメス・シャネルは専任職人制を導入しております。

専任職人制にする理由の一つは、エルメス・シャネルのご依頼で全体の約7割を占めていること、もう一つは、不安が付きものの宅配修理に安心してお出し頂くためです。「月にどのくらい高級ブランドを扱っているのか」「ノーブランドバッグとエルメスは同等の扱いなのか」宅配だからこそ気になるお客様の何気ない質問から採用に至りました。

 

ブランドによって色も革も様々。
エルメス専任職人は200種類以上におよぶエルメスカラーを把握し、全国屈指のカラー再現度を誇ります。また、エルメスやシャネル製品に使用されるレザーの特徴から、経年変化に対する色の出方を想定し作業するなど、専任職人だからこそできるご提案も可能です。

 

④保湿

革製品は保湿を怠ると劣化やひび割れの原因になってしまいます。
ただ保湿すれば良いという訳ではなく、革の特徴にあわせた保湿剤を、革の状態にあわせて保湿しないとシミの原因にもなるため、専用保湿剤で慎重に油分や栄養分などを補給させます。

 

⑤艶調整・仕上げ

本来の艶を参考に、革の表情に合わせて艶を調整します。艶ひとつで染色・補色工程までの仕上がりが台無しになってしまう革もあるため、細心の注意と共にセンスも問われる作業です。

 

「塗るだけですか?」と聞かれることが度々ありますが、色修復する上で①~⑤は最低限必要な工程ですので、当店では工程を一つ一つ記載するのではなく、「ベーシックケア」としてご案内しております。

順番は状態や革によって違う場合もありますが、

ただ塗るだけではないのでご安心ください!

 

最近は手軽に塗れる革用顔料も市販されていて、器用なお客様はご自身で補色される方もいらっしゃいます。

手軽に安く塗るには良い物だと思いますが、ものによっては1か月でひび割れてしまった!色が合わずにまだらになってしまった!とご相談頂く事がこの頃増えて来ました。

 

また、リペア業者さんも以前に比べかなり増えていますが、中にはアクリル絵の具や靴墨を塗ってしまうという所もあるとか・・・作業直後は綺麗に見えるらしいのですが、表面がひび割れて来たり、色が違うなんてこともある様です。

塗る前にご相談頂けたら何とかなったかも・・・という状態も少なくないですので、長く使いたいな・・・と思う品物はぜひ当店にご相談くださいね。